ホーム / 生活用品 / 電子書籍リーダー / ONYX BOOX Note Pro

ONYX BOOX Note Pro

36
レビュー記事
0
コメント数
205
閲覧数

レビュー記事

欲しい(;゚∀゚)『BOOX Note Pro』発表。Note Plusとスペック比較だ! #CES2019 | 8vivid   

こ…これはっ!? CES 2019にて、Onyx Internationalが『BOOX Note Pro』を発表しました。待望のフロントライト搭載で、RAMが2倍に。SKTさん…取り扱って! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 盛り上がってますね。 そりゃねっ! これは“完全形態”なE Ink端末な気がするもんっ! Onyx『BOOX Note Pro』発表 CES 2019にて、Onyx Internationalが、同社のBOOXシリーズの新製品を展示していたようです。 その中でも、一 ……

電子ペーパー端末の新たな世界!新製品SONY「DPT-CP1」とONYX「BOOX Note」を比べてみる(natsuki)   

こんにちは、昨年、ONYX「BOOX C67ML Carta2」のレビューをさせていただき、すっかり電子ペーパーの魅力にとりつかれたnatsukiです。去る、4月16日、ソニーより新たな電子ペーパー端末「DPT-CP1」が発表されました。上

BOOX Note レビュー - ついに登場! 電子ペーパーの可能性をとことん堪能できる、ロマンあふれる端末(実機レビュー:natsuki)   

こんにちは、natsukiです。このたび、「SKT」さんより、話題の電子ペーパー端末、「BOOX Note」をお貸しいただき、レビューさせていただきました。SKTさん、ありがとうございます。これは期待に違わぬ、「夢」の詰まったガジェットです

BOOX Nova proレビュー - ぺんぎん草   

BOOX Note、調子悪いとはいえ、e-inkパネルの故障と違って全く動かないわけではありません。HDDでいったら不良クラスタができたような状態と思われます。騙し騙しならなんとか使えるけれど外で使うには時間がもったいなすぎ。 10inchの後継機種を検討しましたが初代BOOX Noteより重くなってしまうのがネック。諦めて7.8インチのBOOX Nova proを買いました。(もともと余裕があったら買い増ししたかったし。) BOOX Nova Pro 7.8, 電子書籍リーダー,フロントライト ……

MobiScribe と BOOX Nova Pro ― 電子書籍リーダーだけでなくメモ帳にもなる、書き込める電子ペーパータブレット。6.8インチか、7.8インチか、それが問題だ(natsuki)   

こんにちは、natsukiです。ウインタブでも採りあげることの多くなってきた「電子ペーパー」タブレットですが、このところは、伝統的な電子書籍リーダーとしての機能に加えてデジタイザーを搭載してノートとしても活用できる製品が増え、電子ペーパーの

今、電子ペーパーが熱い ― 野心的な製品が続々登場!(natsuki)   

こんにちは、natsukiです。先日、「Kindle Oasis」の紹介記事や、ひらちょんさんによる「Yotaphone 3」の紹介記事がありましたが、その他にも、このところ電子ペーパーの野心的な製品が次々と発売、発表されています。もともと

文石科技( Onyx ) Boox Note 正式発表 大型電子ペーパーAndroidの本命 - メモ@inudaisho   

(20180515 そういえばもう発売されてるのでアマゾンのリンクを貼った) BOOX Note 10.3出版社/メーカー: BOOXメディア: エレクトロニクスこの商品を含むブログを見る (20180502 青字でメモリ2Mと書いてたのを修正 恥) (20180123 pro版についての追記) (20180126 「フラット」について修正) この1月7日にヨーロッパ方面で情報が漏れ、1月15日に文石科技が正式に Boox Note の発売日と製品内容を発表した。旅行中だったので誰かがまとめるか ……

【SKT株式会社】Einkパネル搭載Androidタブレット『Boox Poke Pro』、『Boox Nova』、『BOOX Note Plus』の3機種発売のお知らせ - CNET Japan   

【SKT株式会社】Einkパネル搭載Androidタブレット『Boox Poke Pro』、『Boox Nova』、『BOOX Note Plus』の3機種発売のお知らせ

BOOX Noteレビュー - ぺんぎん草   

3週間以上経過したので感想をまとめます。 ※ 常にA2モード(速度優先の白黒2値モード)で使っていますので、その前提で御覧ください。 ※ 本レビューは2018年7月アップデート後の状態です。(7月のアップデートでノート機能が大幅に改善されてます。)また次のアップデートも既に予定されているようなので楽しみ。発光しないE-Inkを使った目に優しい画面表示、E-Ink端末としては高速な動作、そして10インチ級Androidタブレットとして最軽量の実測340gを誇ります。 定価は税込69,800円、セー ……

コメント

まだコメントがありませんよ

関連商品